• さくらみき

見える化する!│磯子区・南区・港南区・上大岡のピアノ教室

更新日:4月7日

練習に関する取り決めや、練習の状況を目に見えるようにしておくことで、家庭練習がスムーズに進みます。

・毎日の練習時間

・ご褒美&ペナルティとペナルティ

この二つを書いて見えるところに、大きく貼ってください。できればお子さん本人に書かせて、貼らせましょう。

言葉だけで「練習の時間だよ」と急かすより、書いてある文字を見せながら促す方が、お子さんも意識の切り替えがうまくいきます。

また、

また、カレンダー等も見えるところに貼り、練習した日にシールを貼る・印をつけるなどしておきましょう。見える化することで、親子ともに意識付けをすることができます。

お子さんの好きなアニメや漫画のキャラクターを一緒に貼るのもいいですね。

賑やかに!

楽しく!

演出してみてください。

(さくらピアノ教室では、レッスンカレンダーを全員に配布しており、特に小さいお子さんは、毎日の練習の有無を書いてもらっています。練習した日数に応じたシールを教室内に貼り、目に見えるようにしています)

この記事の読者対象は:お子さんがピアノを習っている保護者様/これからお子さんにピアノを習わせたい保護者様(お子様は5才〜小学6年生くらいまでを想定しています)

執筆者:横浜市・磯子区・南区・港南区「できたが見える!さくらピアノ教室」さくらみき

教室ホームページはこちら

https://www.sakurapianocoach.com/




30回の閲覧0件のコメント